flom 仙台

アクセスカウンタ

zoom RSS 宿題を提出します

<<   作成日時 : 2017/05/29 11:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回のアメリカフウロの果実、採ってきて壁に貼り付けておいたのですが、今朝(5/29)起きて見てみたら種子が落ちていました。





*アメリカフウロの種子
画像
 :うかつでした!大きさがわかるように曲尺を添えたのですが、写真に写っている目盛りが、縦方向が「角目」、横方向が「丸目」になっています。つまり、√2と2πということです。) 


   ・参考:アメリカフウロの花と果実
画像

 思ったより早かったです。採取してきたのが5月26日でしたので3日目ということになります。久方ぶりに晴れの日だったので、今日なのでしょうか?



 弾けたのだけど残ってしまった種子もあります。
*果柄に残った種子
画像

 このように、種子は雌蕊の根元に5個あり、時期が来ると果床を離れ、柱頭を中心に花柱が裂けて、その反り返りの力を利用して種子を飛ばします。
 冒頭の写真の種子についたひげ状の物はバネとなった花柱の裂片です。


 種子が離れ、花柱が裂け始めて、今にも飛び出しそうな種子もありました
画像




 ノギスとマイクロメーターを取り出して種子を測ってみました。
 種子の長さは、花柱の裂片も含め、19o内外でした。
 種子本体は、短端で1.8o、長端で3.3oでした。
 裂片の厚みは0.22oでした。
 花柱の長さは18〜19oありました。
 「日本帰化植物図鑑/全国農村協会」に拠れば、種子の長さは『3o』とありますので、この測定結果はほぼ標準なのでしょう。





 ついでなので、昨年秋に採取してきて半年以上放っておいたカラスウリの果実も開いて種子を取り出してみました。
*すっかりドライフラワー(?)となったカラスウリの果実
画像



 カッターナイフで果皮を開いてみました。
画像

 果肉と種子の塊が、トウモロコシを干したような姿で入っています。


 少し摘み取り、種子を水洗いしてみました。
画像

 これがカラスウリの種子です。大きさは、10×8×4oでした。

 昔の人は、この姿が「打ち出の小づち」に似ているということで、財布に入れて持ち歩いたそうです。もう少し乾燥させたら、私もそうしようと思っています。


   ・参考:カラスウリの近縁、キカラスウリの花
画像




 午後は病院に行ってきます。お出かけ前に長いこと放っておいた宿題を片付けました(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宿題を提出します flom 仙台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる