テーマ:木の実

クリスマスなので、柊(ひいらぎ)の話を

 最近はあまり見なくなりましたが、クリスマスの”お飾り”には赤い実の付いた「ひいらぎ」が付きものでしたね。今日はそれにまつわる話を少し… *駅前のS-PALⅡ前のクリスマスツリー      2016年12月19日撮影  子供の頃、クリスマスに父親が買ってくるクリスマスケーキが楽しみでした。バタークリームが塗られ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

木の実草の実(その8)

 今回から、3~4回に分けまして、「草の実」をご紹介します。  これから紹介する草の実は、すべて被子植物の実ですので、「果実(真果、偽果)」です。   ●いわゆる「ひっつきむし」の仲間  果皮や偽果皮に針状の棘があり、それを動物の毛や人間の衣服にひっかけ、種子を遠くに運んでもらいます。<動物散布> …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の散歩道

 先日(11/21)、この後に予定している記事の為の写真を撮る目的で川内(かわうち)まで行ってきました。  地下鉄東西線国際センター駅を降りると、そこはちょっと気持ちの良い散歩道なのです。  地下鉄駅から「千貫沢(せんがんざわ)」を渡って、国際センター脇を通って「大橋」西詰へ抜ける遊歩道です。確か、「桜の小径(こみち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の実・草の実(その7)

 今回は裸子植物の木の実です。  ただ、どういう訳か「球果植物門」の裸子植物しか展示されていませんでした。 *天然記念物「東昌寺のマルミガヤ」     北山東昌寺裏、2016年10月21日撮影  樹高が20m位になる大木です。推定樹齢は500年と言われます。秋になると、ピンポン玉くらいの大きな丸い実を沢山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の実・草の実(その6)

 変わった形の木の実の「後編」です。 *宮城野大通りのハナズオウの花     2015年4月30日撮影  春、葉が出る前に樹木一杯に咲く花ですので、とても華やかです。 *ハナズオウ     (花蘇芳):マメ科ジャケツイバラ亜科ハナズオウ属の落葉低木     ・果実  サヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の実・草の実(その5)

 今回は、少し変わった形の木の実をご紹介します。  少し長くなるので、「前編」、「後編」に分けます。今回は、その「前編」です *勾当台公園のイロハモミジの紅葉     2014年11月16日撮影  仙台の街中では、モミジ・カエデの紅葉は11月中旬ごろに本格的になります。 *カエデ属の果実 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の実・草の実(その4)

 硬い木の実の「後編」です。 *県庁前のサンゴジュ     2014年9月撮影 2)果肉が無いか、少なく、硬い実(後編)  前回の続きになります。  「朔果(さくか)」、「堅果(けんか)」等の「乾果」が主体ですが、果肉を持った偽果や核果も含めました。触った感じが”硬い”と、私が感じたものを集めま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木の実・草の実(その3)

 木の実のシリーズの第2回目です。触った感じが硬い木の実を集めました。数が多いので、今回はその「前編」です。 *勾当台公園のツバキの果実の実り2016年7月  ここのツバキの実は大振りで色付きも良く、綺麗です。初夏の頃に結実し、夏の間に徐々に大きくなり色付き、秋になると裂開し、黒い種子を覗かせます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木の実・草の実(その2)

 今回は木の実の写真です。 *仙台市野草園前庭のトチの木  トチの実がたわわに生っています。 木の下に張られたテントは、日除けというよりも、トチの実が落ちた時に怪我をしないためのシェルターです。テントの屋根や地面に当たる音は、びっくりするほど大きな音です。 *前書  前回に引き続き、野草園で開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の実・草の実(その1)

 実りの秋ですので、何回かに分けて木の実・草の実の写真をご紹介したいと思います。 *「木の実 草の実展」 於 仙台市野草園  実は、仙台市野草園では、10月1日~10日の期間、「木の実 草の実展」が開かれていました。同様の催しは「秋保大滝植物園」や、「東北大学理学部自然史標本館」でも行われていたようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の実いろいろ

 花の少ない冬の枯木立の中では、木の実を見つけるのも楽しみとなります。  そんな木の実の話をいくつかしてみたいと思います。 *アオキ:ミズキ科アオキ属の常緑低木   ・斑入り葉 3月4日名掛丁の歩道で撮影   ・2月5日北山覚範寺裏で撮影  私の使っている図鑑(原色日本植物図鑑 木本編Ⅰ 保育社刊)は昭和40年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more