テーマ:仙台の不思議

東〇番丁最大の謎(その9)

 以下、第4章では「仙台城下の拡張」についてお話してみたいと思います。 *仙台城下拡張の原資、仙台平野の穀倉地帯      七郷の荒井地区(現・若林区荒井十呂盤)  「七郷(しちごう)」と言うのは仙台市東部の水田地帯の一角を指す広域地名です。「七つの郷」とは、江戸時代以前、少なくとも平安時代末から在った七つの村、「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東〇番丁最大の謎(その8)

 前回までに述べたことは仙台開府初期(1602~1625年)の事でした。この時代の仙台城と仙台城下町の機能はまだまだ戦国時代の時風を色濃く反映しており、多分に戦時を想定した造りになっていました。  政治・経済を重視した近世の仙台城下の町造りは若林(注1)城の造営とその城下町建設を機にして始まります。江戸幕府が「仙台屋敷構(せんだいやし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東〇番丁最大の謎(その7)

 仙台開府時の城下町造りを見てきた第2章も、今回で終わりになります。今回は「寺社地」のお話です。 *国指定史跡「陸奥国分寺跡」  この辺一帯が史跡「国分寺跡」です。  ご存知のように、「国分寺」・「国分尼寺」は天平13(741)年に聖武天皇の命によって全国62ヶ所に建てられたお寺で、ここは奥州で唯一国分寺・国分尼寺…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東〇番丁最大の謎(その6)

 今回は伊達家臣団の中でも最も人数の多い「下級家臣」の町のお話です。彼らはどんなところに配置されたのでしょう。 *川内川前丁(かわうちかわまえちょう)(町/まち)  (お城近くの「下級家臣」の町です。  この町は町名の表記に揺らぎがあります。現在の街区名は「川内川前丁(かわうちかわまえちょう)」で、菊池勝之…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東〇番丁最大の謎(その5)

 前回までで商人、上・中級武士達の居住区が定まりました。これらは新しく切り開かれた「新・城下」に無事収まったわけですが、まだまだ多くの住民たちが残っています。これらの人々の住むところは何処に、どのようにして定められたのでしょう? もう、「新・城下」にはあまり土地が残っていません。  今回と次回はその話になります。 *川内…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東〇番丁最大の謎(その4)

 今回と次回で、最も多い人口だった武士たちの居住区がどのようにして定まったのかを見てみようと思います。  ③上級武士、中級武士の居住区を定める  仙台伊達家において「上級武士」とは、概ね「一門」、「一家・準一家」、「一族」の家格の武士達とするのが、先ずは順当なのではないかと思います。  ただ、「一門」でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東〇番丁最大の謎(その3)

 前回お話しした経緯で基準線が定まり、城下町造りが始まったのですが、それにはどのような要因の制約が関係し、その結果は町の形にどのように影響したのでしょう。  今回と次回は、その町造りのお話になります。 *仙台城下の縄張りに使った縄を収めた「野中神社」  この野中神社は、仙台空襲で焼け、戦後に復興(昭和21年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東〇番丁最大の謎(その2)

 前回は、東一番丁通~五番丁通と東六番丁通~九番丁通が平行ではない理由として三つの要因があるのではないか、という事を書きました。今回以降の回ではその要因が仙台城下の形成と発展にどのように関わったのかを考察してみたいと思います。 *仙台城下の基点となった「芭蕉の辻」  国分町通(旧・奥州街道)と大町通(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東〇番丁最大の謎(その1)

 前回の最後で、  『東一番丁通~東五番丁通と東六番丁通~東九番丁通は何で平行じゃないの?』 と、疑問を投げかけたままになってしまったこの問題に、今回取り組んでみようと思います。 *地下鉄南北線「五橋(いつつばし)駅」付近  仙台市中の交差点でもトップ5に入るくらい交通量の多い交差点ですので、車の途切れを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東六番丁~東八番丁

 今回は東六番丁~東八番丁にまつわる話と、前回後回しにしました東三、四番丁の話です。 *ここが東六番丁通?  東六番丁は、明治20(1887)年に鉄道が敷かれたときにその大半が仙台駅構内になってしまい、ほとんど痕跡程度になってしまいました。  で、そこから次のような「?」が生まれています。 3)東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一番町なの? 一番丁なの?

 ”町”なのか”丁”なのか、仙台に観光で訪れた方はそんなに悩まないのかもしれません。でも、仙台に1~2年住んで、仙台について少しは知り始めるとこれに悩むことになります。 *「一番町」、「東一番丁」  一番町二丁目のアーケド街「サンモール一番町」の看板と、「東二番丁小学校」の表札、そして定禅寺通りに建てられ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more