最近身の回りに起きている事(中編)

 「現在私の身の回りで起きている事」の続きです。





3、東北大学雨宮キャンパス跡地の現在
 雨宮キャンパスの跡地利用に関しては、私もずいぶん前(2016年頃)から関心を持って見てきました。旧制二高があった場所ですし、戦後の一時期ですが宮城県立第一高等女学校(昭和23年の学制改革の時に「宮城県第一女子高等学校」と改称、以来我々は「一女」と通称していた。現・宮城県宮城第一高等学校)の「北六番丁校舎」が置かれた場所でもありました。仙台の教育史上重要な場所だったのです。その雨宮キャンパスから農学部が移転しまして、間もなく5年(移転開始は2016年11月、2017年11月建物取り壊し・樹木伐採作業完了、以降は土壌改良作業と整地作業)となる今日この頃、ようやくその跡地利用の姿が見えてきました。
*跡地利用の概略
     Google Mapの航空写真に加筆

P3・Google_0001 (1024x592).jpg
 ●まず、跡地の西側に「仙台厚生病院」が移転してきます。
 「仙台厚生病院」は現在青葉区広瀬町にあるのですが、現在の建物は1996年(平成8年)に建てられた物です。まだ二十数年しかたっていないのですが、手狭になったからなのでしょうかね? 数年前から移転話が出ていました。
 現在行っている地盤改良工事は、今年の12月に終わる予定で、新築移転は2024年度のようです。


 ●南東側にはイオンモール(大型商業施設)が出来る予定です。
 当初の予定では2019年秋開業、と聞いていたのですが、汚染土壌の撤去・土壌改良工事に思いのほか手間取ることになりまして、開業が遅れています。先日見に行った時はまだ土壌改良工事を行っていまして、置かれていた工程案内の看板には『令和3年6月20日まで』と書かれていました。と、いうことは、今年中の開業はなさそうです。
2月雨宮跡地-02_12_2021-008 (1024x768).jpg


 ●跡地の北東の一角はマンションになります。
 上の写真の「A」の所には「プラウドシティ仙台上杉山通」(209戸)と言う名のマンションが建ち、昨年春ごろに内覧会があったと思うのですが、最近の情報では、もうすでに全戸完売したようです。早かったですね。予想以上に人気が高かったようです。
 まあ、そうでしょうね。大型商業施設が直ぐ隣ですし、病院やクリニックも同じ町内ですし、幹線道路(愛宕・上杉通)にも隣接していますし、公共交通機関の駅(JR北仙台駅、地下鉄南北線北仙台駅)もすぐ近く(歩いて10分弱)です。お子様がいるご家庭ですと、小・中学校が近いのもメリットですよね。上杉山通小学校までは、子供の足で十数分、上杉山中学校に至っては直ぐ目と鼻の先、道草する暇もなく数分で着きます。旧・仙台市内でこれだけ生活の便の良い所はそうそう無いです。
*「プラウドシティ仙台上杉山通」の遠景
     「愛宕・上杉通」側から/2020年10月撮影
10月雨宮キャンパス跡地-10_02_2020-062 (1024x768).jpg10月雨宮キャンパス跡地-10_02_2020-061 (1024x768).jpg
 (手前の空き地が「イオンモール」の建設予定地です)
*同上
     北八番丁通り側から/撮影日は上に同じ
10月雨宮キャンパス跡地-10_02_2020-046 (1024x768).jpg

*「プラウドシティ仙台上杉山通」入り口
     北八番丁通り側/2020年10月撮影

10月雨宮キャンパス跡地-10_02_2020-050 (1024x768).jpg
*同上
     北八番丁・愛宕上杉通角/撮影日は上に同じ

10月雨宮キャンパス跡地-10_02_2020-051 (1024x768).jpg10月雨宮キャンパス跡地-10_02_2020-052 (1024x768).jpg

 (どうでも良い話なのですが・・・
 こうしたマンションの名前の後に付く地名なのですが、不正確なものが多いんですよね。例えばこの「プラウドシティ仙台上杉山通」の「上杉山通」ですが、これは戦前の古い呼称です。現在の呼称は「愛宕・上杉通」で、花京院通より北側を限定して言う場合は、通称ですが「上杉通」と言っています。ずいぶん昔に「山」が取れています。
 本来ならば、このマンションが建っている街区名の「雨宮」を付けたいところなのでしょうが、隣の「B」のマンションが「雨宮」の地名を使っています。なので混乱を避ける意味で隣接する大通りの名称を採用したのでしょうね。私とすれば、それなら「北八番丁通り」の名を使って欲しかったのですが、マイナーな名ですわね。
 ま、公の建物ではないので、名称などどの様につけても文句を言うのはお門違いなのですが、道に迷った時の参考にはなりませんね)



 「B」の地点にもマンションが建設中です。「シティハウス堤通雨宮町」〈204戸)と言う名で、もう、モデルハウスがオープンしていますし、すでに完成している低層階から内覧の受付をしています。完成予定は今年(2021年)の11月末のようです。
*建設中の「シティハウス堤通雨宮町」
     堤通側から/2021年1月撮影
T1月雨宮キャンパス跡地-01_22_2021-002.JPG
 (ちなみに、この「堤通雨宮町」というのは、この場所の現在の正式な街区名です。それ以前、昭和40年頃までは「北六番丁」や「北七番丁」が正式な町名で、この農学部跡地の場所に限っては「北六番丁雨宮」もしくは「堤通雨宮」と言う通称もなされていました。当時は「町」は付きませんでした)


 東北大学雨宮キャンパスの跡地利用は以上なのですが、再開発はその南側と西側の一角も含めて行われています。雨宮キャンパスの南側のブロックは青葉区上杉2丁目の一部になるのですが、ここは前編に出ました勝山企業の土地でした。ボーリング場、スケートリンク、勝山酒造の工場等が在ったのですが、順次廃業や移転がされまして、数年前に住友不動産に売却されました。下の地図のピンクの線で囲んだ部分です。
*雨宮と上杉2丁目の過去の土地利用の様子
    国土地理院1万分の1都市図(平成20年発行)より

P・2都市図_0001.jpg
 で、ここ(最初の航空写真のD~Fの所)にも全336戸の大型マンションが建設中です。完成は来年(2022年)の1月下旬だそうですが、すでに第1期分譲が終わっていて、残りが25戸になっていました(3/9調べ)。こちらも人気が高いですね。
*建設中の「シティテラス上杉」
     2020年10月撮影

10月上杉2丁目勝山ボール跡地-10_02_2020-067 (1024x768).jpg
*「シティテラス上杉」の平面図
    住友不動産のHpより

img01.png



 最初の航空写真の「C」の場所ですが、農学部が雨宮に在った頃は、東北大の職員や学生さん目的の飲食店が入っていました。飲食店のテナントビルだったのです。結構古い4階建ての小さなビルでした。
 で、農学部が青葉山に移転した後はそれ等の飲食店は退去し、このビルは取り壊されました。
 一昨年あたりから工事が始まったのですが、昨年10月に前を通りかかりましたら、「医療関連施設テナントビル建設予定地」の看板が掛けられていました。
*建設中の「医療関連施設テナントビル」
     2020年10月撮影

10月雨宮キャンパス跡地-10_02_2020-005 (1024x768).jpg10月雨宮キャンパス跡地-10_02_2020-002 (1024x768).jpg10月雨宮キャンパス跡地-10_02_2020-006 (1024x768).jpg
 最近近くに行っていないので分からないのですが、この看板には『2021年2月中完成予定』とありましたので、すでに完成しているのでしょうね。でも、厚生病院が移転してくるのはまだだいぶ先なのですが、テナントに入った人たちはそれまでどうするのだろう?



 と、いうことで、この一帯は今後大きく変貌すると思います。3棟のマンションが建つだけで人口が千人強増えますしね。大型商業施設が出来ることで人の流れや車の流れも変わります。現在は朝夕の通勤時間帯や帰社時間帯に上杉通で渋滞が起きているのですが、今後は土日祝日にも渋滞が発生しそうですね。しかも、これまではさほど車の通行量が多くなかった北六番丁通にも渋滞が起きそうです。

 これは床屋談義の情報なのですが、昨年あたりから、この近隣のマンションに「中古物件買います」のチラシがしきりにポスティングされるようになっているのだそうです。この雨宮跡地の再開発で北仙台、雨宮、上杉2、6丁目の資産価値が上がっているのではないか、ともっぱらの評判です。

 あ、ちなみに、過去の土地利用の説明に使った地形図に記した「A」の地点は、前編に出てきました「勝山館」の場所で、「B」の地点は「宝饅頭」の在った場所です。





<次章が長くなりそうですので次回(後編)に回します>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント