い~ちまい に~まい さんま~い・・・、の一枚目

 「お化け屋敷」は今でも随分な人気が在るようですね。今年はコロナ禍対応の新機軸の「お化け屋敷」が現れた、等と言うニュースも最近見ました。客が棺桶の中に入って、次々に現れるお化けの恐怖を身動きが出来ない棺桶の中でひたすらじっと耐える、という趣向でした。うまいこと考えましたねぇ。。。  最近はお化け屋敷の主役も、ぞろぞろ出現するゾンビにな…
コメント:4

続きを読むread more

南町通はちとややこしい(5)

*ph1:「裁判所前交差点」に在る案内標識  この写真は、第1回目に掲載した「南町通」の案内標識を別角度から写したものです。このシリーズの発端ともなった案内標識でしたね。この交差点が「南町通」の終端だと思っていたのだけど、この案内標識を見ると、この先も「南町通」が続いていた、という事からこのシリーズが始まったのでした。  で、こ…
コメント:0

続きを読むread more

南町通はちとややこしい(4)

 他の城下町でもそうなのでしょうが、仙台でも開府以来何度かの都市改造が行われています。細かく見れば十数度になるのですが、大きな括りで見れば、①「若林城下建設」、②「明治維新」、③「鉄道敷設(明治20年)」、③「市電開設(大正末~昭和初期)」、④「戦災復興事業(昭和20年~36年)」、⑤「都市再開発」(平成12年~)」という事になろうかと…
コメント:4

続きを読むread more

南町通はちとややこしい(3)

 前回は鉄道敷設と、それに伴って起きた仙台城下の変化、「南町通」の変化について書きました。江戸時代の「旧・南町通」が、鉄道線路が敷設されたことによって半分になった、と言うお話でしたね。  今回は、その次に「南町通」に起きた変化について書いてみます。例によって「仙台市電」に関連した話です。 *ph1:仙台市電開通記念の絵ハガキ…
コメント:4

続きを読むread more