もう春が来たの?

 昨日(2/14)買い物で街に出た帰り、地下鉄北四番丁駅を出ましたら、こんなものを見つけました。
*蕗の薹の群生
2月北四番丁駅-02_14_2020-009 (1024x768).jpg2月北四番丁駅-02_14_2020-010 (1024x768).jpg
 ここは駐輪場の陰になっている所でして、フェンスで囲われたちょっとした空き地です。毎年フキノトウが群生するのですが、誰も採る人が居ません。なので、こんな姿が見られるのですね。




 昨日は仙台も最高気温が16℃くらいになりまして、テレビでも、
『厚手のコートでは辛いですよ』
と、言っていました。私も薄手のジャンパーで出かけたのですが、それでもうっすらと汗をかくほどでした。

 フキノトウのこんな姿を見まして、俄然、
「春は何処まで来ているのだろう?」
と、いう気になりまして、北四番丁駅の周辺の道端を観察して見ました。

 「たぶん、この花はもう咲いているだろう」
と、思って、最初に見つけた花はこれでした。
*コハコベ
   ナデシコ科ハコベ属の越年草

2月北四番丁-02_14_2020-032 (1024x768).jpg
 コハコベは本来5弁花なのですが、花弁が深く切れ込み、兎の耳の様になって、10弁花のように見えます。見方によっては、これを”ハート形の花”と言う事も出来ます。折からバレンタインデーでもありましたので、ふさわしい花ですね。
   ・はっきり”ハート形”に見えるコハコベ
     2015年2月、同じ場所で撮影

2月北四番丁-02_24_2015-076 (1024x576).jpg

 コハコベの花が咲いているという事は、この花も咲いている可能性がありました。
*ミチタネツケバナ
   アブラナ科タネツケバナ属の越年草または一年草

2月北四番丁-02_14_2020-023 (1024x768).jpg
 他にも何株か花弁が出ている個体があったのですが、いずれも花が開いていませんでした。なので以前撮影したミチタネツケバナの花の写真を、参考までに挙げておきます。
   ・ミチタネツケバナ
     2016年3月18日撮影

3月勾当台公園-03_18_2016-058 (1024x683).jpg

 コハコベの花期は、通常、3月~9月、ミチタネツケバナは2月~4月です。しかし、越年した物は条件さえよければ1月の雪の中でも咲くことがあります。この日の様に春が来たかと思う様なポカポカ陽気になった日ですね。
   ・雪の中で咲こうとしているコハコベ
     2017年1月24日、同所で撮影

1月北四番丁-01_24_2017-119 (1024x683).jpg

 これだけでは春が近づいているのかどうかの判断が出来ません。他の花も見てみます。
*ヒメオドリコソウのロゼット
2月北四番丁-02_14_2020-014 (1024x768).jpg
*キュウリグサのロゼット
2月北四番丁-02_14_2020-016 (1024x768).jpg
 この二つのロゼットを見つけました。「ロゼット」とは、バラの花の様に地面に平たく放射状に広げた葉の事です。越年草や多年草の多くが、冬を越す時にこの様な姿をとります。越年草の多くがロゼットの姿で冬を越すのですが、春になって花を咲かせるときにはロゼットの中心部から茎を立ち上げます。この時、立ち上げた茎に新たに葉が出てロゼットが消滅する種もあれば、ロゼットがその後も残り、立ち上げた茎には葉が出ずに花だけがつく種もあります。後者の場合、残ったロゼット葉は「根出葉(こんしゅつよう)」と呼び分けることもあります。

 ヒメオドリコソウとキュウリグサは前者でして、ヒメオドリコソウは3月中頃から4月頃に茎を立ち上げて花を咲かせます。
*3月末のヒメオドリコソウの姿
3月錦町公園-03_22_2019-076 (1024x768).jpg
 でも、このヒメオドリコソウも、条件さえ整えばもっと早くにも花を咲かせます。
   ・2月に咲いたヒメオドリコソウ
2月定禅寺通・東三番丁-02_24_2015-029 (1024x576).jpg
 ただ、その姿は矮小でして、背も低いです。

 キュウリグサの花期は3月~5月なのですが、
*キュウリグサの3月の姿
3月北四番丁-03_20_2016-033 (1024x683).jpg
4月になると”雑草”らしい、痩せてひょろ長い姿になります。
   ・キュウリグサの4月の姿
3月北四番丁-03_31_2015-032 (1024x683).jpg4月北四番丁-04_22_2015-061 (1024x683).jpg
 しかし、キュウリグサの早咲きは、私は見たことがありません。ヒメオドリコソウに比べればロゼット葉の総面積が少ないので、短時間で茎を伸ばして花を咲かせるだけのエネルギーが準備できないのかもしれません。



 こうやって見てみますと、例年とあまり変わりはないですね。例年にない暖冬の年、と言われる今シーズンですが、花の咲き具合は、今の所例年通りのようです。梅の咲き具合も例年とほとんど同じでしたし、蝋梅は例年より少し遅いくらいでした。今年の桜の開花はどうなるかな?



 ちょっとおまけで、
花壇に植えられたアブラナ(菜の花)
   アブラナ科アブラナ属の二年生植物

2月北四番丁-02_14_2020-034 (1024x768).jpg
2月北四番丁-02_14_2020-037 (1024x768).jpg
 アブラナは、自然に自生しているものであれば花期は4月から5月です。ですが、この様に植栽されたものは、苗を植えた時期によって開花時期が異なります。ハウスで開花時期を調整した物には1月に花を咲かせるものもあります。

街路樹のサザンカ
   ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹

2月北四番丁-02_14_2020-027 (1024x768).jpg
 サザンカの開花時期は非常に長く、11月から5月初めまでの期間に次々と花を咲かせます。12月半ばから今頃が最も花が盛んな時期ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年02月15日 16:50
こんばんは!
我が家の花畑に咲く花。。雑草さんですが(笑)
ヒメオドリコソウさんでした。名前を知りませんでした(._.)
有難うございました。。
2020年02月15日 21:01
こんばんは。今日は外に出るのに服装をどうしようか迷い,結果ちょっと薄手にしました。
市役所の電光時計の上の気温表示は15度になっていました。暖かかったですね。街ゆく人はマスクに人が多いような気がしました。新型肺炎,インフルエンザ,花粉症・・・マスク不足が続いていますね。
2020年02月16日 05:58
おはようございます。
市役所の電光時計の上に示してあった「15」は温度ではなく,日付かも!
2020年02月16日 09:02
みなとさん、おはようございます。

 ヒメオドリコソウは何処にでも現れる雑草さんでして、いたるところで春を知らしてくれます。なかなかきれいで愛らしい花を見せてくれるのですが、畑をなさっている方には根絶が難しい厄介な雑草でもあります。
 ヒメオドリコソウには、よく似た姿の類似種が幾つかあります。私のブログでは何度も採り上げた植物ですので、良かったら検索してみてください。
2020年02月16日 09:15
ET先生、おはようございます。

 もし、それが仙台市役所の電光掲示板でしたら、上の段の数字は日付ですね。あの電光掲示板は、その数字が何を表しているか、という項目名が書かれていなく、おまけに日付は「日」のみでして、、、不親切ですよね。

 マスクは私の身の回りでも不足しているようです。いつも行っている病院は、冬の季節には受付の所にマスクが用意してあって、だれでもそれを使えるようになっていたのですが、先日行った時にはそれが無くなっていました。幸い、我が家ではマスクやアルコール除菌剤は常備していましたし、外出も少ないので、現在の所は不便をきたしておりません。