西口ペデストリアンデッキ

 ペデストリアンデッキを使いこなせないと仙台人ではない!!
 というのは建前で、実際には地下道を使うと迷子になっちゃうのですよね。ペデストリアンデッキは、周りの景色が見えて方角がつかみやすいですし、信号もないので便利です。それに、駅前の広い範囲への移動が容易に出来ます。

*地図の①の場所から撮った写真
画像

 今回は、ペデストリアンデッキの概要の紹介だけにとどめます。次回以降、用途別の利用の仕方を紹介したいと思います。


*地図
 この地図は国土地理院 一万分の一地形図「仙台駅」を基に作図しました。赤紫色に着色した所が「西口ペデストリアンデッキ」です。
 細かいので、拡大してご覧いただくか、拡大版をプリントアウトしてご覧ください。
画像


*仙台駅西口ペデストリアンデッキについて
 ペデストリアンデッキというのは、高架歩道を意味する和製英語です。歩道橋に似てはいますが、歩道橋が車道を横断するだけの目的に対し、ペデストリアンデッキは、隣接する駅や商業施設等を接続する空中回廊のようになっています。日本で初めて作られたペデストリアンデッキは、1973年に設置された千葉県柏市の柏駅東口のものです。
 仙台では、現在3ヶ所に在ります。仙台駅西口、東口、地下鉄南北線いずみ中央駅東口です。その内、仙台駅西口の物が一番規模も大きく、仙台人にも馴染み深い物となっています。
 西口ペデストリアンデッキが造られたのは1977年12月のことで、その後順次拡張し、現在の規模は、南北約500m、東西約200mで、その規模は日本一と言われています。
 仙台駅西口2階と、西口に面する、駅前通、愛宕・上杉通の南北の通り、そして、広瀬通、青葉通、南町通の東西の通りに建つ商業施設の2階に接続しています。また、ペデストリアンデッキを通じて駅東口への通り抜けや、地下鉄仙台駅、市営バスのバスプール、バス停、長距離バスのターミナルへの連絡も容易に出来るようになっています。



*地図の②の場所から撮った写真
 「イービーンズ(旧エンドーチェーン仙台駅前店)」の前です。ペデストリアンデッキの南端に当たります。
 写真奥の高い建物は、「ホテル・メテロポリタン」で、ペデストリアンデッキと繋がっています。したがって、このホテルのフロントは2階にあります。
 写真の手前に見える地下道入り口は、地下鉄南北線仙台駅「南改札口」に一番近い地下道入り口です。
画像


*地図の③の場所から撮った写真
 地上部からの写真です。「さくらの百貨店(旧丸光デパート)」南東角から撮りました。

 北方向を撮っています。
 右手前の白いビルは「パルコ仙台店(マークワンビル)」です。その後ろのガラス張りの建物と高層ビルは「アエル」です。
画像


 北東方向を写しています。
 左手の白いビルは「パルコ」、その右隣は「新幹線ホーム(駅4階)」、その下は「エスパルⅡ」になっています。
 この辺の地上部は、一般車の駐車場と降車場になっています。
画像


 南東方向を写しています。
 この辺が仙台駅の正面で、ロータリーになっている辺りがタクシー乗り場です。左手方向に入ると、一般車の駐車場と降車場です。
画像

 これでも、ペデストリアンデッキの全部は写っていません。



*地図の④の場所から撮った写真
 「イービーンズ」の所の階段を上って「愛宕・上杉通」を跨いだ辺りです。正面に仙台駅の駅舎が見えています。右手には「S-PAL(エスパルⅠ)」が少し見えています。左端の白い建物は、「仙台ロフト」です。
 駅舎の後ろに見えるクレーンは、駅東口の再開発工事の物です。
画像



*地図の⑤の場所から撮った写真
 北方向を写しています。
 正面の白い建物が「仙台ロフト」、左手下の道路が「愛宕・上杉通」です。
画像



*地図の⑥の場所から撮った写真
 「駅前通」が大きく西へ曲がり、「愛宕・上杉通」に繋がる所の上辺りです。北方向を写しています。この下辺りが「西口バスプール」になっています。
 左手に「仙台ロフト」、正面に「仙台パルコ」、右手には「仙台駅駅舎」が見えています。
画像



*地図の⑦の場所から撮った写真
 仙台駅の南端、「S-PAL(エスパルⅠ)」の前辺りです。

 エスパルの前辺りに人が固まっているのは、ここがペデストリアンデッキ上で唯一の喫煙スペースだからです。
画像


 同じ場所から東方向を写しています。
 正面に見える入り口を入ってゆくと「東西連絡自由通路」で、駅東口ペデストリアンデッキになります。
画像


 北方向を写しています。
 正面に見えている出入り口が2番、3番出入り口で、その左手の4番、5番出入り口とともに、在来線の中央改札口、新幹線改札口から降りるエスカレーターの降り口に近く、よく使われる出入り口です。
画像


 上の写真と同じ場所から少し左を写しています。
 地上部に見えるのがタクシープールです。タクシーがずいぶん並んでいますね。よっぽどの事がない限り、仙台駅にタクシーがいないという事はありません。大抵の場合、さほど待たずに乗れます。
画像




*地図の⑧の場所から撮った写真
 この辺には案内板が並んでいます。ベンチも有って待ち合わせ場所にもなっています。でも、この辺にたむろしている人達は、ビジターがほとんどです。仙台人の待ち合わせ場所は駅舎内の「ステンドグラス前」と言うのがお決まりです。
画像




*地図の⑨の場所から撮った写真
 「駅前通」と「青葉通」の交差点付近です。西方向を写しています。
 ケヤキ並木の「青葉通」の右側に見える建物は、「さくら野百貨店(旧丸光デパート)と「新東北ビル」、左側は、「EDEN(旧仙台ホテル)」と「ヒューモスファイヴ」です。
画像

 同じ場所から北方向を写しています。
 正面に「仙台パルコ」と「マークワンビル」が見えています。分かれて見えますが、同一のビルです。
画像



*地図の⑩の場所から撮った写真
 「青葉通」が正面に見える位置まで移動しました。
画像

 同じ位置から北方向を撮っています。
画像





*地図の⑪の場所から撮った写真
 「仙台パルコ(マークワンビル)」の前に来ました。右手が「S-PALⅡ(エスパルⅡ)」の入り口で、その上が新幹線ホームです。
画像


 同じ位置で少し左手を写しています。
 今、男性が上がってきたのが「仙台パルコ」前の地上部からの階段です。私は今からこの「仙台パルコ」と「S-PALⅡ」の間の細いペデストリアンデッキを写真奥方向へ抜けてゆきます。
画像


 これは同じ位置から西方向を写した物です。
 「仙台パルコ」の入り口が写っています。
画像



*地図の⑫の場所から撮った写真
 先ほどの細い道を抜けて、「アエル」の2階東出入り口前に居ます。
 左手に見えるのが、駅東口に抜ける通路、「北部名掛丁自由通路」です。
画像

 同じ場所から西方向を撮っています。
 左手のビルが、「マークワンビル」、右手のビルは、「アエル」です。この下は、「旧名掛丁」、正面に「ハピナ名掛丁」のアーケードの屋根が少し見えています。この道を写真奥方向に進みます。
画像





*地図の⑬の場所から撮った写真
 「駅前通」の上付近に出てきました。
 左手のビルが「仙台パルコ」、右手のビルには居酒屋さんやカラオケボックスが鈴なりになっています。ほぼ南方向を撮った物です。
画像

 上の写真の位置から少し西に移動して、南方向を撮りました。下を通る道路が「駅前通」です。右手の階段を下りると、「ハピナ名掛丁」の入り口に出ます。
画像

 同じ位置から北方向を写しました。
 このまま真っ直ぐ行って階段を下りると、「駅前通」の「アエル」前に出ます。右手のガラス壁の建物が「アエル」です。
画像



*地図の⑭の場所から撮った写真
 「アエル」の2階エントランスを通り抜けます。
 ここは、このように通り抜けや待ち合わせが出来るような造りになっています。
画像



*地図の⑮の場所から撮った写真
 「アエル」を通り抜けた、ペデストリアンデッキの北端部分です。北方向を写しています。
 右手下の車が通っている辺りが「新宮城野橋(旧エックス橋)」です。
画像

 ちょっとカメラを左に振ってみました。
 銀杏並木の通りが「広瀬通」です。
画像

 少し北に進んで、西方向を写しています。
 「広瀬通」の銀杏並木が見えています。ペデストリアンデッキの末端のガラス張りの建物が長距離バスのターミナルです。
画像

 こちらは上の写真の反対側、「新宮城野橋」脇のペデストリアンデッキの北東端です。
画像

 とりあえず、今回はペデストリアンデッキを南から北へと移動しながら概略を紹介しました。今後の回では、具体的な目的を持ってペデストリアンデッキを歩いてみようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年07月10日 17:52
こんばんは。
震災のちょうど一年前、3月の初めに故郷の幼なじみと一緒に福島の友を訪ね、女三人東北雛祭り旅をしました。その時に、ここが2時間ドラマで必ず出てくるところよと駅前の風景を教えてもらったのですが、ペドストリアンデッキというのですね。

その時は意味も呼び名も知らず、今回初めて知りました。また一つ賢くなりました。ありがとうございます。友達二人が福島へ戻る時、私は一人居残り、仙台の友達と会い、牛タンをご馳走になりました。仙台の友達からは、ペデストリアンデッキのことは何も聞かなかったです。(>_<)
あきあかね
2014年07月10日 20:33
casa blancaさん、おばんです。
 ペデストリアンデッキをご覧になったことがあったのですね。お友達は説明してくれませんでしたか・・・
 まあ、無理ないかもしれませんね。仙台人にとってはありふれた物ですので。
 しかし、ペデストリアンデッキの仙台駅を出た所で、よくこんな光景を見るんですよ。たぶん、仙台近郊の町からやってきたらしい、十代の少女たちが5~6人固まってひそひそ話をしている光景です。あるいは、仙台駅を出てペデストリアンデッキに出たとたん、固まってしまっている十代の少年少女たちです。
 たぶん、学校の休みを利用して仙台の街に遊びに来たのでしょうが、ペデストリアンデッキを見て、まず最初のカルチャーショックを受けるのでしょうね。
 そんな時、私は心の中で、「がんばれよ、少年たち!」と応援を贈る事にしています。
 まあ、そんな意味もあって、この記事を書いたのですが・・・

 そうそう、「東北の雛祭り」の旅とおっしゃいましたが、宮城県伊具郡丸森町の「蔵の郷土館 齋理屋敷(さいりやしき)」はご覧になりましたか?お雛祭りには鄙びた雛飾りやつるし雛などが飾られるはずですよ。
2014年07月10日 22:31
ワタシの記憶よりも
かなり 拡張された感じ・・・ですねえ。

っていうか 広がってますねえ。

 嗚呼 牛タン食べたい。
  ^-^y
2014年07月11日 04:43
おはようございます。
前にも書いたように、名古屋は地下街が凄く発達しているので、こんな高架歩道はありません。地下にあるテナントも非常に数が多く、デパートのように地上と繋がっているところもありますが、大半はビルとは関係なくマクドナルドやスターバックスがあったりします。
あきあかね
2014年07月11日 08:14
高忠さん、おはようございます。
 高忠さんが最後に仙台においでになったのはいつ頃だったのでしょう?
 アエルから北のペデストリアンデッキができたのは数年前かと思いました。長距離バスのバスターミナルへの通路が最後で、ごく最近、4年ほど前だったと思います。
 よく知られた牛タン屋は、このペデストリアンデッキ沿いか、エスパル地下に集中していますよ。お土産の牛タン味噌漬けなども売っています。
あきあかね
2014年07月11日 08:27
へるぞうさん、おはようございます。
 そうですね。地下街の方が天候に左右されずに利用できるのですが・・・
 仙台の場合、商店街の綱引きの過激化や、財政難などの理由で、ペデストリアンデッキの方が発達してしまいました。
 現在行われている地下鉄東西線に合わせて地下街建設の安も出たのですが、今回も見送られたようです。ただ、地下歩道の一部に沿った場所に、小規模な店舗が出来るような話も聞きます。

この記事へのトラックバック