補足(3)

 前回の第二章の続きから話を始めます。武家屋敷地が明治に入ってどのような変化をしたか、と言うお話です。 2:大正時代の地番入り市街図に見る地割(前回の続き)  今度はこの絵に描かれた「湯目家屋敷」が在った「清水小路(しずこうじ)」から見てみようと思います。 *ph1:清水小路の「湯目家屋敷」  「清水小路…
コメント:2

続きを読むread more

ブレークニュース・「イチョウの花の撮影に成功しました」

 ずいぶん長くかかりましたが、昨日、5シーズン目にしてようやく満足できるイチョウの雌花の写真が撮れました。ちょっと嬉しかったので、今日はそのご報告を・・・・  昨年の今頃、「今年もダメかなあ…」と言う記事を書いたことがありました。そこで書いた通り、私は数年前からケヤキとイチョウの花の写真を狙っていました。  で、…
コメント:2

続きを読むread more

補足(2)

 前回の二点の史料で、江戸時代の地割が明治に入ってどのように変化したのか、という事の大まかな傾向が分かりました。やはり、計数的裏付けが得られたことは大きな意味を持ちます。  しかし、史料にあった数値は複数の地割の合算で、それによって求めた数値は平均でした。今一つ具体性に乏しいです。そこで今回は個別の地割の変化を見てみようと思います。 …
コメント:0

続きを読むread more

補足(1)

 仙台が「杜の都」と呼ばれるようになった理由を探る今回のシリーズですが、第3回目は明治~昭和初期の時代を一気に飛ばして戦後の話をするつもりでした。で、そのつもりで史料調べをしていましたら、ちょっと興味深い史料を見つけました。これを見て見ぬふりするのももったいなく思いますので、今回はそれを「補足」と言う形でご紹介することにします。飛ばして…
コメント:0

続きを読むread more

「杜の都仙台」って?(2)

 これ以降の回は、このシリーズのディープな話になります。重要な事柄は赤文字にしておきましたので、適宜読み飛ばしてくださってかまいません。  実は、何時、誰が仙台を「杜の都」と呼び始めたのか、という事に関してははっきりしていません。少なくとも江戸~明治時代にはそういった呼び方は無かったようです。初出と見られるのは大正…
コメント:2

続きを読むread more

「杜の都仙台」って?(1)

 仙台は「支店経済都市」であり、「学都」でもありますので、毎年年度末であるこの時期に約2万人の人々が流入します。  ようこそ仙台へ!  と、いうことで、私も毎年この時期になりますと、そう言ったニューカマーの方々の為の「仙台概説」めいた記事を書くことにしていました。今回の記事もその一つです。  さて、皆様…
コメント:2

続きを読むread more

最近身の回りに起きている事(後編)

 本格的な変化はまだまだ先の事なのですが、私の身の回りではこの様な変化も起きています。 4、仙台市役所の建て替え工事が始まった?  今年の2月、勾当台公園市民広場の前を通りがかりましたら、市民広場がカラーコーンで囲まれていまして、敷石を剥がし始めている所でした。 *勾当台公園市民広場、2021年2月12日 …
コメント:2

続きを読むread more

最近身の回りに起きている事(中編)

 「現在私の身の回りで起きている事」の続きです。 3、東北大学雨宮キャンパス跡地の現在  雨宮キャンパスの跡地利用に関しては、私もずいぶん前(2016年頃)から関心を持って見てきました。旧制二高があった場所ですし、戦後の一時期ですが宮城県立第一高等女学校(昭和23年の学制改革の時に「宮城県第一女子高等学校」と改称…
コメント:0

続きを読むread more

あれ? ここもか!

 前回の記事の続編はまだ半分ほどしか書けていません。でも、昨日買い物に出かけた街中で、「あれ? ここもか!」と気付かされたことがありましたので、短い記事を挿みます。まんざら今書いているシリーズと無関係ではありませんので…  仙台は一応、「地方中核都市」ですので、様々な「専門店」が店を開いています。下の写真の「ESP…
コメント:0

続きを読むread more

最近身の回りに起きている事(前編)

 長いこと更新が途切れていました。別にネタ切れという事でもなく、書きかけの記事はもう数個溜っているのですが、、、現在私事でまとまった時間が取りにくくなっています。為に、つい怠惰に流されています。  と、いうことで、今回はそうしたネタの内の時事ネタを幾つか、”賞味期限切れ”になる前に一気に吐き出してしまおうと思います。た…
コメント:2

続きを読むread more

今年もよろしくお願いいたします

 皆さま、明けましておめでとうございます。  もう、すでに通常の生活に戻られた方が大半かと思うのですが、年末・年始はいかが過ごされましたか?  前回の記事で仙台の年末行事についてちょっとだけ書いてみたのですが、年明け初回の今日は、これまた仙台独自の、と言いますか、現代ではあまり見られなくなった正月行事について二つ…
コメント:8

続きを読むread more

お年取り

 「お年寄り」ではないですよ、「お年取り」です(笑)。  先日、ブロ友さんへのコメントに「良いお歳取りを」と書きまして、「あっ、これは一般的な言葉ではなかったな」と、反省したついでに、今日はこの説明を書いてみようと思い立ちました。  「お年取り」は「お歳取り」とも書くのですが、年の暮れの一連の行事の事です。狭い意味で…
コメント:6

続きを読むread more

もうひとつの「け」

 前回、東北方言の「け」(召し上がれ、食べなさいの意)の話をした際、以下の様な例文を使いました。 <前回の例文>  A:「かきく?」  B:「く」  A:「け」 <その標準語訳>  A:「柿食べますか?」  B:「食べます」  A:「じゃあ、どうぞ召し上がれ」  この例文ですが、別の意味の「け」を使って次の…
コメント:2

続きを読むread more

わらわらままけは

 いまひとつ、シリーズの続きを書き出す気分になれません。と、いうのも、私の気分はもう、新しいテーマの方を向いてしまっているからです。  と、いうことで、今日はその新しいテーマに関する話題をちょっとだけ、先行して書いてみようと思います。  (今回の記事には写真が少ないので、前回サムネイルに使った写真の二週間後の姿をトップに使ってみ…
コメント:8

続きを読むread more

近況、その後

 お菊さんの呪いなのか、皿屋敷シリーズの続きにまだ手を付けられないでいます。(´;ω;`)ウゥゥ  ということで、今回は前回の「近況」の後日談を・・・  先週の金曜日(11/20)、いつもの様に街中へ買い物に出かけたのですが、ちょっと見ない間に紅葉も落葉も進んでいました。 *晩翠通(細横丁)の銀杏並木の黄葉…
コメント:4

続きを読むread more

近況

 「い~ちまい に~まい さんま~い・・・」のシリーズが中断しておりますが、明日あたりからまた取り掛かろうと思っています。それまでの場つなぎとして、ちょっとした近況報告などを… 1、仙台市歴史民俗資料館でのこと、  先日(11/14)は榴岡の歴史民俗資料館へ行ってきました。サポーターの定例会があったからです。…
コメント:4

続きを読むread more

い~ちまい に~まい さんま~い・・・、の三枚目(後編)

 だいぶ間が空いてしまいましたが、前回の書き残しの続きです。今回は三田村鴛魚(えんぎょ)氏の公演記録から「皿屋敷」の元ネタではないか、とされたものを抜き出してみます。 三枚目:「皿屋敷」の元ネタについて(後編)  三田村鴛魚氏は、「番町皿屋敷」、「播州皿屋敷」、似通った二つの戯曲があるのは、そこに二つの戯曲に…
コメント:4

続きを読むread more

い~ちまい に~まい さんま~い・・・、の三枚目(前編)

 前回お話ししました「番町皿屋敷」と「播州皿屋敷」、これらはいずれも創作された戯曲です。登場人物は架空のもので、詳しい時代考証は割愛しますが、ストーリーや舞台設定にも時代錯誤があります。  しかしながら、筋立てには説得力があり、なんらかの”元ネタ”の存在を伺わせます。今回はその元ネタ探しをしてみたいと思います。  下の写真は…
コメント:2

続きを読むread more

い~ちまい に~まい さんま~い・・・、の二枚目

 私もそうなのですが、「い~ちまい に~まい さ~んまい」と、皿を数える怪談話と言えば、「番町皿屋敷(ばんちょうさらやしき)」と言う言葉を真っ先に思い浮かべますよね。私が最初に知ったのはラジオで放送された講談の「番町皿屋敷」でした。翌朝井戸端で顔を洗うのが怖かったです。(昭和30年ごろまでは我が家に井戸がありました。もっとも、釣瓶井戸で…
コメント:4

続きを読むread more

思わず二度見をしてしまった看板

 昨日までに「い~ちまい に~まい さんま~い」の第二回目を書き上げる予定でいたのですが、資料の読み込みに思いのほか時間を食っています。まだ三、四日の日数は必要なようです。  なので、短い話を1話挿みまして、時間を稼ごうと思います。たわいもないお話ですが、埋め草ですのでご容赦を・・・  先日、買い物に出かけた街中で「…
コメント:2

続きを読むread more