flom 仙台

アクセスカウンタ

zoom RSS 資福寺の紫陽花は今どうなっているのでしょう?

<<   作成日時 : 2017/06/19 11:57   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

 例年6月20日ごろから見ごろを迎える資福寺のアジサイですが、今どんな様子なのか気になりまして、昨日(6/18)見に行ってきました。





*6月18日(日)の資福寺参道入り口
画像

 誘導員の方が出ていて、順番待ちのタクシーが待機していたりしましたので、あれ、もうそんなにアジサイ見物の人が押し寄せているの? なんて思ったのですが…
 誘導員の方に尋ねましたら、この日は檀徒総会が開かれていたようです。後にお会いした駐車場で誘導している檀家総代の方(?)のお話では檀家の数は600を超えるくらいあるとのことで、百年を超える古い檀家さんも多数とのことでした。やはり、資福寺は開府以来続く古刹ですね。





 ここまでくる道にも、
画像

画像

 資福寺の参道入り口にも…
画像

タチアオイ(立葵:アオイ科ビロードアオイ属の多年草)の花が咲いていましたので、紫陽花も咲いているかなと、ちょっとは期待したのですが…


 まだほとんど咲いてもいなくて、
画像

画像

辛うじて咲いている花を選んで、何枚かシャッターを切ってきました。
画像

画像

画像

画像

画像

 この分ですと、見ごろを迎えるのは今週末(6/24)以降になりそうですね。


*資福寺への行き方
 資福寺への公共交通機関に関しては、昨年の記事をご参照ください。以下にリンクを貼っておきます。

  こちら http://flom-sendai.at.webry.info/201606/article_6.html





 このままではちょっと寂しいので、この日見つけた花を少し…
*ユキノシタ(雪の下):ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草
画像

画像

 名前からは早春の花のように思われがちですが、花期は6月です。



*アサガオ(朝顔):ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物
画像

 これは道端で野生化していた個体なのですが、花色などは園芸品種の形質のようです。でも、葉の形を見ますと、野生種のノアサガオの姿です。一般に園芸品種のアサガオの葉は3〜5深裂しています(もちろん例外もあります)。
   ・参考:典型的な園芸品種のアサガオ
        2014年7月、北鍛冶町にて

画像

   ・参考:在来種のノアサガオ
       2016年7月、北十番丁通にて

画像

   ・参考:外来種のマルバアサガオ
       2016年9月、北八番丁通にて

画像






*キョウチクトウ(夾竹桃):キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木
画像

画像

 典型的な夏の花です。
 キョウチクトウには一重と八重、白花とピンク、黄花があるのですが、白花は一重、ピンクは八重が多いようです。この個体は覚範寺の参道入り口の物ですが、白花の一重でした。





*タイサンボク(泰山木、大山木):モクレン科モクレン属の常緑高木
画像

画像

 これは初夏の花です。5月〜7月が花期になります。
 とても大きな花で、爽やかでよい匂いが遠くまで届きます。とても存在感がある花です。これは資福寺の境内に1本ある木ですが、覚範寺や輪王寺にもこのタイサンボクがあり、特に輪王寺の物は十数メートルの大木です。花の盛期には、輪王寺の有料のお庭に入るとすぐにこの花の香りが漂ってきます。





 撮ってきた花の写真はまだまだあるのですが、それはまた別の機会という事で…、とりあえず、今年の資福寺の紫陽花見物は来週あたりからがよろしのでは、という事をお知らせまで、

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
資福寺は毎年のように行っていましたが,ここ2年くらい行ってないような気がします。貴重な情報ありがとうございました。
リアルET
2017/06/20 05:23
ET先生、おはようございます。

 どういたしまして。私の場合、近所ですので思い立ったらすぐ行けます。このくらいはお安い御用です。

 昨日の河北新報の夕刊に資福寺の事が出ていました。「仙台いやすこ歩き」というコラムなのですが、資福寺の紫陽花の時期のお茶席は6月25日〜7月15日とありました。お薄と茶菓子がついて400円です。毎年大層混みますが、お庭を見ながら抹茶を頂くのも楽しいのではないでしょうか。ぜひ今年はおいでください。
あきあかね
2017/06/20 08:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
資福寺の紫陽花は今どうなっているのでしょう? flom 仙台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる