flom 仙台

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹の花

<<   作成日時 : 2017/06/02 14:46   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 「水の森公園」での成果の一つです。
 日頃の行いが良い所為か、はたまた私の身に凶事が起こる前触れなのか(笑)、珍しいものを写真にできました。





*スズダケの花
   5月19日撮影

画像

画像

画像

 「スズダケ」は、いわゆる笹の仲間です。現在の分類は、「被子植物門単子葉植物綱イネ目イネ科タケ亜科スズダケ属」となります。
 スズダケは、沖縄・琉球列島を除く日本国中に自生し、とてもありふれた笹です。ただ、中部以北では太平洋側のみで一般的な種になっています。中部以北の日本海側ではチシマザサ(通称:ネマガリタケ)が一般的になります。

 タケもそうですが、ササは特に同定が難しい植物です。でも、このように花が咲くと同定が容易になります。種によって花の形が異なるからです。特に雄蕊の数、花序の形態に注目して種を判定します。イネ科、カヤツリグサ科が苦手な私でも、今回は容易に同定ができました。
   ・雄蕊を出す前の花序
      4月28日撮影

画像

画像








*竹の花の話

 竹の花と言いますと、古来稀なものとして、凶事の前触れであるとか思われ、古文書などにも時折現れます。
 「凶事の前触れ」というのは、一斉開花した後にすべてが枯死する事と、開花後に出来る種子(”竹の米”と呼ばれています)を野鼠類が食べに集まる様子が禍々しい事に見えた為だと想像されます。しかし、必ずしも竹の花の開花と凶作等の凶事とは結び付く事はありません。凶作の時にたまたま竹の花(スズダケだったようです)が咲いて、その”竹の米”で命が救われた、という事(信濃の方の言い伝えのようです)はあったようですが…


 「古来稀」という事もあって、「竹の花」の実態、開花周期ですとか種による違い等については今でもよくわからないことが多いです。
 今、私は病院の待合室で読む本として、牧野富太郎博士の「植物記」/ちくま学芸文庫を持ち歩いているのですが、その中に相当のページ数を割いて「竹の花」という項目がありました。その中から竹の花の開花周期について書かれた個所を以下に引用してみます。
 『本邦に在て殊に花を出すこと稀なる竹はマダケ、ハチク、モウソウチク、ヤダケ、ホウライチク、トウチク、ナリヒラダケ、カンザンチク、タイミンチクならびにオカメザサ等にしてそれ未だ吾人の遂にその花を見たることなき竹はシカクダケなり。また時々花を出すことある者はメダケ、ハコネダケ、カンチク、スズタケ、チマキザサ、ネマガリタケ等なり。』
と、書かれていましたが、具体的な年数については書かれていませんでした。
 私が普段使っている植物図鑑は保育社の「原色日本植物図鑑」なのですが、竹類は「木本編U」に入っていて、昭和52年の刊行です。これにも竹の花の開花周期は一部の属にしか、それも『マダケ属 …数十年毎に一斉に開花する。』という風に曖昧に書かれているのみです。
 

 10日ほど、ネット等で最近のレポートなどを漁ってみたのですが、どうやら一斉開花部分開花があって、種によって異なるようです。種によっては毎年のように開花する物もあるようです(メダケがその例なそうだが…)。

 一番ポピュラーな竹である「マダケ」の場合、開花周期はどうやら120年(!)で、これは一斉開花なそうです。前回の一斉開花は1970年のことで、この時には全世界のマダケが開花し、一斉に枯れたと聞きました。これについては私も新聞などで報じられたのを憶えています。120年周期が正しければ、次の開花は2090年という事になります。73年後という事ですね。ま、私はそれまで生きていませんけどね(笑)。

 「モウソウチク」は、65年周期の記録が残る個体があるのですが、これがすべての個体に当てはまるのかはまだはっきりしていません。ただ、これは一斉開花ではなさそうです。
 これに備えて、京都のタケノコ農家の人などは、植え付け時期を変えた複数の竹林を持つ、というのを先日のあるTV 番組で知りました。皆無作を防ぐためですね。

 で、今回採り上げた「スズダケ」なのですが、25〜30年周期のようで、部分開花だけのようです。事実、私が観察した「水の森公園」でも、開花しているのは数個体だけだったと思われます(どこまでが地下茎の続きかわからない場合が多い)。開花していない個体も数多くありました。でも、もっと長周期で一斉開花することもあるのかもしれません。

 ともかくも、この「竹の花の開花周期」に関しては周期が長いということで、通常の観察手法では解明が困難です。各地に残る古文書等を収集・解析する、というような手法も必要なのかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹の花 flom 仙台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる